中継ぎがアキレス腱に…マー君の勝ちを左右する“分業制度”

公開日:  更新日:

「開幕後、仮にタナカがいい投球をしても勝ち星につながるかは別問題だろうね」
 こう話すのは、ヤンキースを取材するニューヨークメディアのひとり。「降板後にリリーフ陣が失点を重ねて、タナカの勝ちをフイにする可能性が高い」と言うのだ。

 ヤンキースは昨季、救援陣に悩まされた。守護神のリベラ、セットアッパーのロバートソンは安定していたものの、そこにつなぐまでに試合をひっくりかえされるケースが目に付いた。

 リベラが引退した今季は、昨シーズン以上に不安が募る。昨季70試合で5勝1敗3セーブ、防御率2.04のロバートソンがリベラの後釜の抑えに回るため、ストッパーにつなぐまでの中継ぎ陣がいよいよ手薄になる。

 レッドソックスから移籍のソーントン(防御率3.74)に加え、ケリー(4.39)、クレイボーン(4.11)らでまかなう予定も、彼らの防御率はいずれも3点台後半から4点台。これでは6回100球前後で降板する先発陣も安心してマウンドを託せないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る