中継ぎがアキレス腱に…マー君の勝ちを左右する“分業制度”

公開日: 更新日:

「開幕後、仮にタナカがいい投球をしても勝ち星につながるかは別問題だろうね」
 こう話すのは、ヤンキースを取材するニューヨークメディアのひとり。「降板後にリリーフ陣が失点を重ねて、タナカの勝ちをフイにする可能性が高い」と言うのだ。

 ヤンキースは昨季、救援陣に悩まされた。守護神のリベラ、セットアッパーのロバートソンは安定していたものの、そこにつなぐまでに試合をひっくりかえされるケースが目に付いた。

 リベラが引退した今季は、昨シーズン以上に不安が募る。昨季70試合で5勝1敗3セーブ、防御率2.04のロバートソンがリベラの後釜の抑えに回るため、ストッパーにつなぐまでの中継ぎ陣がいよいよ手薄になる。

 レッドソックスから移籍のソーントン(防御率3.74)に加え、ケリー(4.39)、クレイボーン(4.11)らでまかなう予定も、彼らの防御率はいずれも3点台後半から4点台。これでは6回100球前後で降板する先発陣も安心してマウンドを託せないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る