ヤ軍の先輩投手・黒田が激白 マー君を襲う「中4日の苦難」

公開日:  更新日:

 田中将大(25)はメジャーの「中4日登板」を克服できるのか。

 1日に2回を投げ、2戦目は6日(日本時間7日)のフィリーズ戦に決定。いきなりの中4日登板で、メジャーでは開幕後、このペースでずっと投げ続けていくことになる。

「ボクは1年目、登板間隔の2日のロスをどう埋めていくかをずっと考えていましたね」と言うのはメジャー7年目を迎えた同僚の黒田博樹(39)だ。

■「100球でも疲労は変わらない」

 日本のプロ野球の先発投手は中6日。メジャーは中4日。この「登板間隔の2日のロス」が長いシーズンにおいてボディーブローのように効いてくるらしい。

「日本の先発投手は基本的に1週間おきに先発が回ってくるので、先発はその1週間に1回の登板に合わせ、コンディションを整える。ボクも広島時代はほとんどそのサイクルでしたから、中6日で体をしっかりリフレッシュして、次の登板の時までには完璧な状態をつくり上げられるよう心掛けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る