• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤ軍の先輩投手・黒田が激白 マー君を襲う「中4日の苦難」

 田中将大(25)はメジャーの「中4日登板」を克服できるのか。

 1日に2回を投げ、2戦目は6日(日本時間7日)のフィリーズ戦に決定。いきなりの中4日登板で、メジャーでは開幕後、このペースでずっと投げ続けていくことになる。

「ボクは1年目、登板間隔の2日のロスをどう埋めていくかをずっと考えていましたね」と言うのはメジャー7年目を迎えた同僚の黒田博樹(39)だ。

■「100球でも疲労は変わらない」

 日本のプロ野球の先発投手は中6日。メジャーは中4日。この「登板間隔の2日のロス」が長いシーズンにおいてボディーブローのように効いてくるらしい。

「日本の先発投手は基本的に1週間おきに先発が回ってくるので、先発はその1週間に1回の登板に合わせ、コンディションを整える。ボクも広島時代はほとんどそのサイクルでしたから、中6日で体をしっかりリフレッシュして、次の登板の時までには完璧な状態をつくり上げられるよう心掛けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る