ヤ軍の先輩投手・黒田が激白 マー君を襲う「中4日の苦難」

公開日: 更新日:

 田中将大(25)はメジャーの「中4日登板」を克服できるのか。

 1日に2回を投げ、2戦目は6日(日本時間7日)のフィリーズ戦に決定。いきなりの中4日登板で、メジャーでは開幕後、このペースでずっと投げ続けていくことになる。

「ボクは1年目、登板間隔の2日のロスをどう埋めていくかをずっと考えていましたね」と言うのはメジャー7年目を迎えた同僚の黒田博樹(39)だ。

■「100球でも疲労は変わらない」

 日本のプロ野球の先発投手は中6日。メジャーは中4日。この「登板間隔の2日のロス」が長いシーズンにおいてボディーブローのように効いてくるらしい。

「日本の先発投手は基本的に1週間おきに先発が回ってくるので、先発はその1週間に1回の登板に合わせ、コンディションを整える。ボクも広島時代はほとんどそのサイクルでしたから、中6日で体をしっかりリフレッシュして、次の登板の時までには完璧な状態をつくり上げられるよう心掛けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る