ヤ軍の先輩投手・黒田が激白 マー君を襲う「中4日の苦難」

公開日: 更新日:

 田中将大(25)はメジャーの「中4日登板」を克服できるのか。

 1日に2回を投げ、2戦目は6日(日本時間7日)のフィリーズ戦に決定。いきなりの中4日登板で、メジャーでは開幕後、このペースでずっと投げ続けていくことになる。

「ボクは1年目、登板間隔の2日のロスをどう埋めていくかをずっと考えていましたね」と言うのはメジャー7年目を迎えた同僚の黒田博樹(39)だ。

■「100球でも疲労は変わらない」

 日本のプロ野球の先発投手は中6日。メジャーは中4日。この「登板間隔の2日のロス」が長いシーズンにおいてボディーブローのように効いてくるらしい。

「日本の先発投手は基本的に1週間おきに先発が回ってくるので、先発はその1週間に1回の登板に合わせ、コンディションを整える。ボクも広島時代はほとんどそのサイクルでしたから、中6日で体をしっかりリフレッシュして、次の登板の時までには完璧な状態をつくり上げられるよう心掛けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る