対戦相手もスカウトも絶賛だが…マー君を待つ「3つの試練」

公開日:  更新日:

 田中将大(25)の投球をネット裏で見たア・リーグのあるスカウトはこう言った。
「一度の登板で判断するのは難しいが、最初にしてはとてもよかったんじゃないか。印象に残ったのはスプリットかな。落差がある。直球もよかったが、スピードは思ったほどではなかった。90マイル前半だったけど、最速はこんなものか? リポートでは95マイル以上出ると聞いていた。意図的にこの球速に抑えていたなら凄いことだ」

 ア・リーグの別の球団のスカウトの評価はこうだ。
「球のバラツキが少ない。常に安定感がある印象を受けた。正直、このまま順調にスプリングトレーニングを消化して公式戦を迎えたら、対戦したくない(笑い)。重圧があったはずなのに、そんな姿を感じ取れないほど堂々としていた。スプリットが武器? もちろん、それも見ていたが、きょうは数球投げたスライダーの軌道、球速をチェックしていた。スライダーとスプリットが彼の武器なんだよね。この2球種を攻略しないといけないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る