対戦相手もスカウトも絶賛だが…マー君を待つ「3つの試練」

公開日: 更新日:

 田中将大(25)の投球をネット裏で見たア・リーグのあるスカウトはこう言った。
「一度の登板で判断するのは難しいが、最初にしてはとてもよかったんじゃないか。印象に残ったのはスプリットかな。落差がある。直球もよかったが、スピードは思ったほどではなかった。90マイル前半だったけど、最速はこんなものか? リポートでは95マイル以上出ると聞いていた。意図的にこの球速に抑えていたなら凄いことだ」

 ア・リーグの別の球団のスカウトの評価はこうだ。
「球のバラツキが少ない。常に安定感がある印象を受けた。正直、このまま順調にスプリングトレーニングを消化して公式戦を迎えたら、対戦したくない(笑い)。重圧があったはずなのに、そんな姿を感じ取れないほど堂々としていた。スプリットが武器? もちろん、それも見ていたが、きょうは数球投げたスライダーの軌道、球速をチェックしていた。スライダーとスプリットが彼の武器なんだよね。この2球種を攻略しないといけないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る