自己流調整OKだけど…マー君「休日出勤」の危なっかしさ

公開日:  更新日:

 いくら初めてのキャンプとはいえ、飛ばしすぎじゃないのか。ヤンキースの田中将大(25)のことだ。

 10日はオープン戦のカードが組まれておらず、チームの「オフデー」。主力選手がおのおの貴重な休日を満喫する中、田中は球場に姿を見せた。キャッチボールやダッシュなど軽めのメニューとはいえ約1時間、黙々と調整。練習を終えると、報道陣には対応せずに無言で球場を後にした。

 11日には実戦形式の登板が控えている。少しでも体を動かしておきたかったのだろうが、今キャンプ初の休日だ。いくらタフな田中でも疲労はピークに達しているはずである。

 ロスチャイルド投手コーチからは「気分よくやれるように、やればいい」と自己流の調整を認められているとはいえ、オーバーワークが故障につながっては元も子もない。

 162試合組まれているメジャーのシーズンは長丁場だ。日本人選手の勤勉さはメジャーでも定評があるものの、これまでキャンプ、オープン戦から飛ばした揚げ句、シーズン中に失速する選手は少なくなかった。

 田中の働きすぎに待ったをかけるお目付け役が必要か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る