先行き見通せず…松山英樹の不安を増幅させる“左手”の具合

公開日: 更新日:

 松山英樹(21)がソニーオープンを欠場した。前日は「(けがは)ほぼ大丈夫」と語り、プロアマ戦に出場したが、その後になって「違和感はあるし、まだ試合は難しい」と出場を見送った。

 昨年11月に左手親指の付け根を痛め、全治2週間と診断。カシオオープンで優勝してからずっと試合に出ていない。すでに1カ月以上経つのに、いまだに完治せず。一体どうなっているのか。

 ケガに悩むゴルファーの体を診る、KIZUカイロプラクティック日本橋ANNEXの近藤信男院長がこう言う。

「症状が回復しないで長引いているのは、これまで左手親指の痛みをカバーしてクラブを握っていたからでしょう。体全体にかなりの負担がかかっている可能性があります。グリップや手の使い方が変われば、力の入り方や入る箇所も変わってきます。その結果、左手親指以外の箇所にも疲労が蓄積し、握力や筋力が落ち、背中や腰にも悪影響があらわれてきます。無理をすればするほど、治りは遅くなります。少なくとも1カ月間はクラブを握らず、じっくり治療に専念しないことには、同じことの繰り返しです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る