土俵より激しい 九重一派vs顧問一派「裏金疑惑」ガチンコ

公開日:  更新日:

「親方衆も弟子の相撲より、よほど気になるようです」
 こう言うのは、ある角界OBだ。

 大阪で行われている大相撲春場所。しかし、土俵内の戦いよりもヒートアップしているのが、北の湖理事長(元横綱)を頂点とする「顧問一派」と「九重一派」との対立だ。

 事の発端は相撲協会が昨夏、大手パチンコメーカーと結んだライセンス契約。この時、北の湖理事長の側近である顧問が裏金を受け取っている動画が角界に出回った。映像を見て仰天した九重親方(58=元横綱千代の富士)は理事長に「大変なことになっている」と報告。北の湖理事長は第一報告者である九重親方を疑い、それが1月末の理事選落選につながったといわれる。

 互いに恨み骨髄。九重親方が6日の理事会で「外部で調査委員会をつくるべき」と言ったのも、顧問もろとも理事長を追い落とそうという意図がある。その後、空いた理事のイスに再び座ろうというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る