日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土俵より激しい 九重一派vs顧問一派「裏金疑惑」ガチンコ

「親方衆も弟子の相撲より、よほど気になるようです」
 こう言うのは、ある角界OBだ。

 大阪で行われている大相撲春場所。しかし、土俵内の戦いよりもヒートアップしているのが、北の湖理事長(元横綱)を頂点とする「顧問一派」と「九重一派」との対立だ。

 事の発端は相撲協会が昨夏、大手パチンコメーカーと結んだライセンス契約。この時、北の湖理事長の側近である顧問が裏金を受け取っている動画が角界に出回った。映像を見て仰天した九重親方(58=元横綱千代の富士)は理事長に「大変なことになっている」と報告。北の湖理事長は第一報告者である九重親方を疑い、それが1月末の理事選落選につながったといわれる。

 互いに恨み骨髄。九重親方が6日の理事会で「外部で調査委員会をつくるべき」と言ったのも、顧問もろとも理事長を追い落とそうという意図がある。その後、空いた理事のイスに再び座ろうというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事