何が恐い? 相撲協会“裏金疑惑”に大手メディアが口をつぐむ理由

公開日: 更新日:

 自分たちでおかしいとは思わないのか。相撲協会の現職顧問による裏金授受疑惑。6日の理事会で九重親方(58=元横綱千代の富士)が「調査をすべき」と議題に上げたのも当然だ。

 相撲協会は税制上の優遇措置を受けている公益法人。その顧問にして北の湖理事長(元横綱)の側近が裏金を受け取ったのだから、ただの不祥事ではない。公益法人としてふさわしくないのは明らかだ。

 ところが翌日、これを大きく報じたメディアは日刊ゲンダイ本紙を含めてごくわずか。スポーツ紙は申し訳程度の記事しか掲載せず、ハナから無視を決め込んでいるメディアもあった。そもそも、1月末にネット上に流出した動画では、札束を数える顧問の顔がハッキリ映っているにもかかわらず、だ。

■顧問を敵に回したくない

 ある協会関係者は「遠藤を取材できなくなるのが怖いんですよ」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る