2点二塁打で杉内をKO 楽天・藤田一也 は「斗酒なお辞せず」の守備職人

公開日: 更新日:

 東北の守備職人が、バットでも魅せた。

 二回、2死満塁の場面で左中間に先制となる2点二塁打。続く銀次もタイムリーを放ち、巨人先発の杉内をこの回途中でマウンドから引きずり降ろした。

 近畿大学から04年ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。昨季途中、内村とのトレードで楽天に移籍すると、二塁のレギュラーに定着。打率・275、48打点、33犠打という堅実な打撃もさることながら、「日本一」と評される守備で再三チームに貢献。辛口の星野監督でさえ、藤田について話す時は「アイツの守備で何勝できたかわからん。田中の連勝記録もウチの優勝も、カズヤのおかげ」と目を細める。

 横浜時代を知る関係者は「二塁守備は間違いなく球界一」とこう話す。
「入団当時から、守備でメシを食っていける選手と評判だった。難点は打撃。直球には強いが落ちるボールに弱く、一軍にはなかなか定着できなかった。他球団からは毎年のようにトレードの打診が来たが、守備力を惜しんだフロントが首をタテに振らなかった。最終的に似たようなタイプの内村と交換したのは、『4歳若い内村の方が将来性がありそうだ』という判断だと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る