• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2点二塁打で杉内をKO 楽天・藤田一也 は「斗酒なお辞せず」の守備職人

 東北の守備職人が、バットでも魅せた。

 二回、2死満塁の場面で左中間に先制となる2点二塁打。続く銀次もタイムリーを放ち、巨人先発の杉内をこの回途中でマウンドから引きずり降ろした。

 近畿大学から04年ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。昨季途中、内村とのトレードで楽天に移籍すると、二塁のレギュラーに定着。打率・275、48打点、33犠打という堅実な打撃もさることながら、「日本一」と評される守備で再三チームに貢献。辛口の星野監督でさえ、藤田について話す時は「アイツの守備で何勝できたかわからん。田中の連勝記録もウチの優勝も、カズヤのおかげ」と目を細める。

 横浜時代を知る関係者は「二塁守備は間違いなく球界一」とこう話す。
「入団当時から、守備でメシを食っていける選手と評判だった。難点は打撃。直球には強いが落ちるボールに弱く、一軍にはなかなか定着できなかった。他球団からは毎年のようにトレードの打診が来たが、守備力を惜しんだフロントが首をタテに振らなかった。最終的に似たようなタイプの内村と交換したのは、『4歳若い内村の方が将来性がありそうだ』という判断だと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る