2点二塁打で杉内をKO 楽天・藤田一也 は「斗酒なお辞せず」の守備職人

公開日:  更新日:

 東北の守備職人が、バットでも魅せた。

 二回、2死満塁の場面で左中間に先制となる2点二塁打。続く銀次もタイムリーを放ち、巨人先発の杉内をこの回途中でマウンドから引きずり降ろした。

 近畿大学から04年ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。昨季途中、内村とのトレードで楽天に移籍すると、二塁のレギュラーに定着。打率・275、48打点、33犠打という堅実な打撃もさることながら、「日本一」と評される守備で再三チームに貢献。辛口の星野監督でさえ、藤田について話す時は「アイツの守備で何勝できたかわからん。田中の連勝記録もウチの優勝も、カズヤのおかげ」と目を細める。

 横浜時代を知る関係者は「二塁守備は間違いなく球界一」とこう話す。
「入団当時から、守備でメシを食っていける選手と評判だった。難点は打撃。直球には強いが落ちるボールに弱く、一軍にはなかなか定着できなかった。他球団からは毎年のようにトレードの打診が来たが、守備力を惜しんだフロントが首をタテに振らなかった。最終的に似たようなタイプの内村と交換したのは、『4歳若い内村の方が将来性がありそうだ』という判断だと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る