2点二塁打で杉内をKO 楽天・藤田一也 は「斗酒なお辞せず」の守備職人

公開日: 更新日:

 東北の守備職人が、バットでも魅せた。

 二回、2死満塁の場面で左中間に先制となる2点二塁打。続く銀次もタイムリーを放ち、巨人先発の杉内をこの回途中でマウンドから引きずり降ろした。

 近畿大学から04年ドラフト4巡目で横浜(現DeNA)に入団。昨季途中、内村とのトレードで楽天に移籍すると、二塁のレギュラーに定着。打率・275、48打点、33犠打という堅実な打撃もさることながら、「日本一」と評される守備で再三チームに貢献。辛口の星野監督でさえ、藤田について話す時は「アイツの守備で何勝できたかわからん。田中の連勝記録もウチの優勝も、カズヤのおかげ」と目を細める。

 横浜時代を知る関係者は「二塁守備は間違いなく球界一」とこう話す。
「入団当時から、守備でメシを食っていける選手と評判だった。難点は打撃。直球には強いが落ちるボールに弱く、一軍にはなかなか定着できなかった。他球団からは毎年のようにトレードの打診が来たが、守備力を惜しんだフロントが首をタテに振らなかった。最終的に似たようなタイプの内村と交換したのは、『4歳若い内村の方が将来性がありそうだ』という判断だと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る