原監督が「打ち出の小槌」と絶賛 巨人・長野の絶好調の秘密

公開日: 更新日:

 12日の試合で原辰徳監督(55)は「センターのポジションにだらしない人間が多すぎる」と2打席連続三振の橋本到(23)をベンチに引っ込め、内野手の藤村大介(24)を中堅でぶっつけ起用するという“劇薬”を投入した。インフルエンザもあって二軍落ちした大田泰示(23)を含め、なかなか台頭しない若手外野手にカツを入れている。

 対照的に外野陣を支える男は元気だ。長野久義(29)のオープン戦打率は、全体3位の.441。原監督が「打ち出の小槌」と評したバットコントロールで安打を量産し、「3番」を確保して、村田、阿部とクリーンアップを形成している。好調の理由は「いつもより体の調子がいいから」。なぜ体調がいいのか。「実は節酒しているんです」と言う長野はもともと、ビール党で食事に出掛ければ中ジョッキをグビグビ飲み続ける酒豪。10杯なんて水も同然だが、それを数杯我慢するのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る