巨人・片岡の緊張をほぐした“二遊間コンビ”坂本の熱愛騒動

公開日:  更新日:

 西武からFAで巨人に移籍した片岡治大(31)が地力を発揮し始めた。
 16日のオープン戦で初の2番で先発し2安打。打率も.324に上げてきた。原監督の悩みの種だった「2番」がこれで決まりつつある。

 2月のキャンプ中はなかなか安打が出ず、「いつも春先はよろしくないタイプなんで。でも巨人は凄い結果を求められる」と焦っていた。「緊張してヒザが震える。(FA入団の)プレッシャーを感じて毎日考えちゃって寝られない」と明かしてもいた。「人見知り」という性格もあって、なかなか新天地に馴染めなかった。明るい性格で西武時代はムードメーカーだったはず。だが、意外にも古巣関係者によると、「一見、ずぶとそうで考え込む性格」だという。西武時代なら受けていたテレビ局の開幕戦密着取材の依頼も、巨人初年度だからと断った。キャンプインからずっと緊張状態が続いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る