巨人・片岡の緊張をほぐした“二遊間コンビ”坂本の熱愛騒動

公開日: 更新日:

 西武からFAで巨人に移籍した片岡治大(31)が地力を発揮し始めた。
 16日のオープン戦で初の2番で先発し2安打。打率も.324に上げてきた。原監督の悩みの種だった「2番」がこれで決まりつつある。

 2月のキャンプ中はなかなか安打が出ず、「いつも春先はよろしくないタイプなんで。でも巨人は凄い結果を求められる」と焦っていた。「緊張してヒザが震える。(FA入団の)プレッシャーを感じて毎日考えちゃって寝られない」と明かしてもいた。「人見知り」という性格もあって、なかなか新天地に馴染めなかった。明るい性格で西武時代はムードメーカーだったはず。だが、意外にも古巣関係者によると、「一見、ずぶとそうで考え込む性格」だという。西武時代なら受けていたテレビ局の開幕戦密着取材の依頼も、巨人初年度だからと断った。キャンプインからずっと緊張状態が続いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

  10. 10

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

もっと見る