日ハム大谷 「中6日なら15勝」の障害は栗山監督の逡巡

公開日: 更新日:

「本当に良くなってきたんだけど、良くなった分、物凄く怖くなってきたというかね」

 日本ハムの栗山監督がオープン戦を打ち上げたこの日(23日)、こう言った。計3試合(13イニング)に投げ、2勝0敗、防御率1.38、22日は最速157キロの速球で巨人打線を牛耳った2年目の大谷翔平(19)に関してだ。

「これは翔(中田)や岱鋼(陽)もそうなんだけど、成長している選手に対しては、やればやるほど責任を感じるというか。そういう怖さが出てきている。だから自分も頑張らなければいけない気持ちになる」

 指揮官は大谷のポテンシャルの高さを、嫌というほど知っている。投手として160キロ近い速球を投げ、野手としてはキャンプで3日しか打撃練習をしなくても本塁打を打つ。投打とも飛び抜けた力を持っているからこそ、使い方を間違えたら大変だと気持ちを引き締めているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る