• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷 「中6日なら15勝」の障害は栗山監督の逡巡

「本当に良くなってきたんだけど、良くなった分、物凄く怖くなってきたというかね」

 日本ハムの栗山監督がオープン戦を打ち上げたこの日(23日)、こう言った。計3試合(13イニング)に投げ、2勝0敗、防御率1.38、22日は最速157キロの速球で巨人打線を牛耳った2年目の大谷翔平(19)に関してだ。

「これは翔(中田)や岱鋼(陽)もそうなんだけど、成長している選手に対しては、やればやるほど責任を感じるというか。そういう怖さが出てきている。だから自分も頑張らなければいけない気持ちになる」

 指揮官は大谷のポテンシャルの高さを、嫌というほど知っている。投手として160キロ近い速球を投げ、野手としてはキャンプで3日しか打撃練習をしなくても本塁打を打つ。投打とも飛び抜けた力を持っているからこそ、使い方を間違えたら大変だと気持ちを引き締めているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る