北の湖理事長再選 横暴許す相撲協会と監督官庁の体たらく

公開日:  更新日:

「心技体ともに盤石、長く綱を張れる」

 こう言ったのが、横綱審議委員会の内山委員長だ。大相撲春場所を14勝1敗で優勝した鶴竜の昇進を話し合うため、24日に開催された横審。反対意見はひとつも出ず、満場一致で横綱に推薦する答申を出した。

 この日、そのどさくさにまぎれて決まったのが北の湖理事長(60=元横綱)の理事長再選だ。相撲協会は1月30日に新公益財団法人へ移行。北の湖理事長は引き続き、組織のトップを務めることになった。

■「相撲界の暗黒時代」

 しかし、こんなバカげた話はない。1月末には理事長の側近である協会顧問が、パチンコメーカーからの裏金を受け取る動画がネット上に流出。札束を数える顧問の顔までハッキリ映っていた。にもかかわらず、顧問はおとがめなし。北の湖理事長も側近の不正に見て見ぬふりをしている。それどころか、「オレに逆らうとこうなる」と言わんばかりに、反理事長の急先鋒ともっぱらだった九重親方(元横綱千代の富士)を1月の理事選で落選させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る