北の湖理事長再選 横暴許す相撲協会と監督官庁の体たらく

公開日: 更新日:

「心技体ともに盤石、長く綱を張れる」

 こう言ったのが、横綱審議委員会の内山委員長だ。大相撲春場所を14勝1敗で優勝した鶴竜の昇進を話し合うため、24日に開催された横審。反対意見はひとつも出ず、満場一致で横綱に推薦する答申を出した。

 この日、そのどさくさにまぎれて決まったのが北の湖理事長(60=元横綱)の理事長再選だ。相撲協会は1月30日に新公益財団法人へ移行。北の湖理事長は引き続き、組織のトップを務めることになった。

■「相撲界の暗黒時代」

 しかし、こんなバカげた話はない。1月末には理事長の側近である協会顧問が、パチンコメーカーからの裏金を受け取る動画がネット上に流出。札束を数える顧問の顔までハッキリ映っていた。にもかかわらず、顧問はおとがめなし。北の湖理事長も側近の不正に見て見ぬふりをしている。それどころか、「オレに逆らうとこうなる」と言わんばかりに、反理事長の急先鋒ともっぱらだった九重親方(元横綱千代の富士)を1月の理事選で落選させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る