内輪モメで「裏金疑惑」うやむや 相撲協会と理事長の悪質

公開日:  更新日:

 相撲協会理事会で北の湖理事長側近の「裏金疑惑」を、外部の有識者たちで調査すべきと訴えた九重親方(58=元横綱千代の富士)。

 それが正義感や、公益財団法人にふさわしい団体であるべきという理念からかと思ったら、さにあらず。協会ナンバー2の九重親方が、1月の理事選でまさかの落選。絵図を描いたのが「裏金疑惑」の理事長側近とあって、理事長もろとも追い落とし、空いた理事のイスに自分が座ろうとしているとも言われている。そうだとしたら、任期が今月いっぱいに迫った親方の最後っ屁に過ぎない。

 が、九重親方以上にロクでもないのが北の湖理事長(60=元横綱北の湖)以下の現執行部。
 北の湖理事長は「調査する必要があれば、危機管理委員会が判断するでしょう」とコメント。その危機管理委員会の宗像委員長は「まず危機管理委で検討し、必要があれば調査する」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る