• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内輪モメで「裏金疑惑」うやむや 相撲協会と理事長の悪質

 相撲協会理事会で北の湖理事長側近の「裏金疑惑」を、外部の有識者たちで調査すべきと訴えた九重親方(58=元横綱千代の富士)。

 それが正義感や、公益財団法人にふさわしい団体であるべきという理念からかと思ったら、さにあらず。協会ナンバー2の九重親方が、1月の理事選でまさかの落選。絵図を描いたのが「裏金疑惑」の理事長側近とあって、理事長もろとも追い落とし、空いた理事のイスに自分が座ろうとしているとも言われている。そうだとしたら、任期が今月いっぱいに迫った親方の最後っ屁に過ぎない。

 が、九重親方以上にロクでもないのが北の湖理事長(60=元横綱北の湖)以下の現執行部。
 北の湖理事長は「調査する必要があれば、危機管理委員会が判断するでしょう」とコメント。その危機管理委員会の宗像委員長は「まず危機管理委で検討し、必要があれば調査する」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る