マー君は大丈夫? 「スポイラ」誌にまつわる不吉な“ジンクス”

公開日:  更新日:

「確かに名誉なことだが、マー君は大丈夫か?」――。

 ヤンキース・田中将大(25)が米スポーツ総合誌「スポーツ・イラストレーテッド(SI)」の表紙を飾ることに、こんな声が上がっている。

 同誌は全米最大の発行部数を誇り、毎年3月下旬に発売される開幕特集号には、その年に最も期待される選手が表紙に起用されている。54年に創刊された同誌の表紙を飾ることは米国のアスリートにとっては名誉なことではあるものの、不吉なジンクスがあるのも事実だ。

 実は開幕特集号に限らず、「スポイラ」誌の表紙を飾った選手はその後、故障したり、不振に陥ったりして大した活躍ができないケースが少なくないからだ。

 過去の日本人選手では07年にレッドソックス入りした松坂(現メッツ)が表紙に起用され、15勝(12敗)をマークし、チームの世界一達成に貢献。ジンクスとは無縁だった。翌08年には開幕から打撃が好調だったカブス・福留(現阪神)が登場したが、見事にシーズン終盤は失速した。

 田中は松坂同様、ジンクスをはねのけられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る