実戦ごとに課題浮き彫り マー君支えるベテラン黒田の金言

公開日: 更新日:

 実戦マウンドを踏むごとに課題が浮き彫りになっているのがヤンキース・田中将大(25)だ。
 オープン戦3試合目の登板となった16日(日本時間17日)のブレーブス戦は「球数を少なくすることを意識した」のに、五回途中までで74球。中でもツーシームの制球に苦しみ、球数を費やした。

「反省点も試合で感じたこともたくさんある。今後は自分のチェックポイントを確認しながら開幕まで調整していきたい」と話す田中にとってベテラン右腕の存在が生きた教材になっている。同じ日本人の黒田博樹(39)から貴重な助言を得ているからだ。

■「すべての経験を伝えたい」

 黒田は今季加入した正捕手マッキャン(前ブレーブス)とともに日本時代の田中の投球をビデオで見た際、単調になりやすい点を指摘。田中からアドバイスを求められると、特に武器のひとつであるフォークに関してこう諭したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る