• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

実戦ごとに課題浮き彫り マー君支えるベテラン黒田の金言

 実戦マウンドを踏むごとに課題が浮き彫りになっているのがヤンキース・田中将大(25)だ。
 オープン戦3試合目の登板となった16日(日本時間17日)のブレーブス戦は「球数を少なくすることを意識した」のに、五回途中までで74球。中でもツーシームの制球に苦しみ、球数を費やした。

「反省点も試合で感じたこともたくさんある。今後は自分のチェックポイントを確認しながら開幕まで調整していきたい」と話す田中にとってベテラン右腕の存在が生きた教材になっている。同じ日本人の黒田博樹(39)から貴重な助言を得ているからだ。

■「すべての経験を伝えたい」

 黒田は今季加入した正捕手マッキャン(前ブレーブス)とともに日本時代の田中の投球をビデオで見た際、単調になりやすい点を指摘。田中からアドバイスを求められると、特に武器のひとつであるフォークに関してこう諭したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る