開幕まで同リーグ対戦なし 「マー君隠し」プラスとマイナス

公開日:  更新日:

「メジャーは何でもフェアにやろうという意識が徹底しています。なのでローテーションも公にするし、日本の球場のようにブルペンを見えない場所に造るようなこともしない。そんな話は聞いたことがありませんし、たまたまア・リーグのチームと対戦しないというだけではないでしょうか」

 こう言うのは、野球評論家の吉井理人氏。「そんな話」とは、スポーツ紙が盛んに騒いでいる「マー君隠し」のことだ。

 田中将大(25)の過去2回のオープン戦登板はいずれもナ・リーグが相手。この日もシート打撃登板で、今後もこのままの登板間隔なら、開幕までア・リーグ相手に投げる予定はない。ヤンキースはあえて田中をナ・リーグ戦で投げさせ、レギュラーシーズンで対戦の多いア・リーグのチームに対しては隠しているというのだ。

 それがヤンキース首脳陣の意思か、まったくの偶然かはともかく、田中がオープン戦でナ・リーグ相手にしか投げないのは、本人にとってプラスかマイナスか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る