出遅れに評論家仰天 楽天・則本に「2年目のジンクス」の予兆

公開日: 更新日:

 17日、昨季新人王の則本昂大(23)が、初めてフリー打撃に登板した。5年目の西田と4年目の榎本に38球を投げて、ヒット性の当たりは計4本。「思った通りの投球はできたと思う。細かい制球はもう少し投げ込んでやっていく」と話した。

 昨季24勝無敗の田中がオフにヤンキースに移籍。次期エースにはチーム2位の15勝を挙げた則本が期待されているが、それはあまりにも酷だろう。

■多忙なオフのツケが回ってくる

 昨季日本一になったこともあり、楽天の選手にはメディアの出演依頼が殺到。田中はポスティング問題でゴタゴタしていたとあって、このルーキー右腕が駆り出されるケースも多かった。日本シリーズ終了後からキャンプイン直前まで、全国放送のバラエティーやスポーツ番組だけでも8本。地元仙台のテレビやラジオ番組、イベントなども加えれば、数え切れないほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る