フェードボールは体をシャープに使う

公開日: 更新日:

■体の回転で左に振り切る

 マスターズの季節が来ると今でも河野高明プロのことを思い出す。身長162センチ、体重60キロの小さい体でマスターズに5回出場。初出場の1969年13位、翌70年12位と大健闘し、4回もイーグルをとっている。見上げるような大男に交じって、飛ばすことでも負けていなかった。

 マスターズから帰って、チャンピオンズ・トーナメントという試合でビッグスギこと杉本英世プロと優勝を争ったときのことを今でもよく覚えている。

 ジャンボ尾崎が登場する前のことで、河野、杉本、それに安田春雄プロが和製ビッグスリー(3強)といわれていた時代だ。

 身長179センチ、体重90キロという日本人離れした杉本を、河野はときどきアウトドライブすることがあった。
「胴長、短足の日本人にはフックよりスライスのほうが合っている」と言って、河野は徹底したフェードヒッターだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る