フェードボールは体をシャープに使う

公開日:  更新日:

■体の回転で左に振り切る

 マスターズの季節が来ると今でも河野高明プロのことを思い出す。身長162センチ、体重60キロの小さい体でマスターズに5回出場。初出場の1969年13位、翌70年12位と大健闘し、4回もイーグルをとっている。見上げるような大男に交じって、飛ばすことでも負けていなかった。

 マスターズから帰って、チャンピオンズ・トーナメントという試合でビッグスギこと杉本英世プロと優勝を争ったときのことを今でもよく覚えている。

 ジャンボ尾崎が登場する前のことで、河野、杉本、それに安田春雄プロが和製ビッグスリー(3強)といわれていた時代だ。

 身長179センチ、体重90キロという日本人離れした杉本を、河野はときどきアウトドライブすることがあった。
「胴長、短足の日本人にはフックよりスライスのほうが合っている」と言って、河野は徹底したフェードヒッターだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る