フェードボールは体をシャープに使う

公開日: 更新日:

■体の回転で左に振り切る

 マスターズの季節が来ると今でも河野高明プロのことを思い出す。身長162センチ、体重60キロの小さい体でマスターズに5回出場。初出場の1969年13位、翌70年12位と大健闘し、4回もイーグルをとっている。見上げるような大男に交じって、飛ばすことでも負けていなかった。

 マスターズから帰って、チャンピオンズ・トーナメントという試合でビッグスギこと杉本英世プロと優勝を争ったときのことを今でもよく覚えている。

 ジャンボ尾崎が登場する前のことで、河野、杉本、それに安田春雄プロが和製ビッグスリー(3強)といわれていた時代だ。

 身長179センチ、体重90キロという日本人離れした杉本を、河野はときどきアウトドライブすることがあった。
「胴長、短足の日本人にはフックよりスライスのほうが合っている」と言って、河野は徹底したフェードヒッターだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る