大補強アダで死球続出…ソフトバンク打者は「鎧」が必要!?

公開日:  更新日:

 いつケガ人が出てもおかしくない。
 開幕以来、野手への死球禍に苦しんでいるソフトバンク。4日の試合こそぶつけられることはなかったものの、開幕7試合で6死球は12球団最多。

 3日の日本ハム戦ではヒザにぶつけられた柳田が激高。ヘルメットを地面に思い切り叩きつけるや、マウンド上の谷元を睨みつけて向かっていこうとした。両軍の選手、コーチ陣が止めに入った後も柳田は怒りが収まらず、依然として谷元に鋭い視線を送っていた。

 特に報復死球などは無関係だった場面。それでも今季だけで3個目の死球とあっては、柳田も感情の歯止めが利かなかったのだろう。

 ソフトバンクは昨オフ、30億円もの大金をかけて大補強を敢行。昨季パ1位のチーム打率.274の打線に、オリックスの主砲で2年連続24本塁打、91打点の李大浩まで獲得した。すでにパでは頭1つ抜けた巨大戦力だけに、ライバル球団の投手も「打たれまい」と徹底した内角攻めをするのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る