2勝目ならず…マー君を悩ませた本拠地マウンドの傾斜

公開日: 更新日:

 本拠地初登板初勝利とはならなかった。

 ヤンキース・田中将大(25)が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキースタジアムでのオリオールズ戦に登板。ニューヨークのファンが注目を集めたマウンドは7回7安打3失点、10奪三振、1四球。3-3の同点で降板したため、勝敗はつかず、メジャーデビューしたブルージェイズ戦に次ぐ2勝目はならなかった。

 初回に本塁打を許した前回のブルージェイズ戦と同様に、この日も序盤に手痛い一発を浴びる。5番ウィッターズに許した右前打を足がかりに2死一、三塁のピンチを招いた二回だった。9番スクープに甘く入ったカットボールを完璧に捉えられ、打球はポールをかすめて左翼2階席に飛び込む特大の3ランを喫した。下位の打者に一発を浴びた田中はマウンド上で呆然と立ち尽くすしかなかった。

 相手のオリオールズ打線は昨季、両リーグ最多の212本塁打を放った強力打線だ。前日は先発全員安打を放つなど、打線の調子は上向きだ。失投は命取りにつながりかねないだけに、立ち上がりから変化球主体の丁寧な投球を見せたが、肝心の精度はいまひとつだった。武器であるスプリットやスライダーが抜けるケースが目立ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る