2勝目ならず…マー君を悩ませた本拠地マウンドの傾斜

公開日:  更新日:

 本拠地初登板初勝利とはならなかった。

 ヤンキース・田中将大(25)が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキースタジアムでのオリオールズ戦に登板。ニューヨークのファンが注目を集めたマウンドは7回7安打3失点、10奪三振、1四球。3-3の同点で降板したため、勝敗はつかず、メジャーデビューしたブルージェイズ戦に次ぐ2勝目はならなかった。

 初回に本塁打を許した前回のブルージェイズ戦と同様に、この日も序盤に手痛い一発を浴びる。5番ウィッターズに許した右前打を足がかりに2死一、三塁のピンチを招いた二回だった。9番スクープに甘く入ったカットボールを完璧に捉えられ、打球はポールをかすめて左翼2階席に飛び込む特大の3ランを喫した。下位の打者に一発を浴びた田中はマウンド上で呆然と立ち尽くすしかなかった。

 相手のオリオールズ打線は昨季、両リーグ最多の212本塁打を放った強力打線だ。前日は先発全員安打を放つなど、打線の調子は上向きだ。失投は命取りにつながりかねないだけに、立ち上がりから変化球主体の丁寧な投球を見せたが、肝心の精度はいまひとつだった。武器であるスプリットやスライダーが抜けるケースが目立ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る