2勝目ならず…マー君を悩ませた本拠地マウンドの傾斜

公開日: 更新日:

 本拠地初登板初勝利とはならなかった。

 ヤンキース・田中将大(25)が9日(日本時間10日)、本拠地ヤンキースタジアムでのオリオールズ戦に登板。ニューヨークのファンが注目を集めたマウンドは7回7安打3失点、10奪三振、1四球。3-3の同点で降板したため、勝敗はつかず、メジャーデビューしたブルージェイズ戦に次ぐ2勝目はならなかった。

 初回に本塁打を許した前回のブルージェイズ戦と同様に、この日も序盤に手痛い一発を浴びる。5番ウィッターズに許した右前打を足がかりに2死一、三塁のピンチを招いた二回だった。9番スクープに甘く入ったカットボールを完璧に捉えられ、打球はポールをかすめて左翼2階席に飛び込む特大の3ランを喫した。下位の打者に一発を浴びた田中はマウンド上で呆然と立ち尽くすしかなかった。

 相手のオリオールズ打線は昨季、両リーグ最多の212本塁打を放った強力打線だ。前日は先発全員安打を放つなど、打線の調子は上向きだ。失投は命取りにつながりかねないだけに、立ち上がりから変化球主体の丁寧な投球を見せたが、肝心の精度はいまひとつだった。武器であるスプリットやスライダーが抜けるケースが目立ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る