• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人を3タテ 盛り上がる阪神「ベンチ裏」のさまざまな思い

 盆と正月が一緒にやってきたかのように甲子園が熱狂した。阪神が13日の巨人戦にサヨナラ勝ちし、3タテを食らわせた。5連勝で巨人と入れ替わり2位に浮上。和田監督は「開幕(カード)でマシソンをとらえ、(この日は)山口を打てたのは今後につながる」と、「巨人のリリーフ3本柱」の2人に黒星をつけて興奮気味だった。

 巨人3連戦の舞台裏では、さまざまな思いがクロスしていた。
「和田監督にとっては負けられない3連戦だったと思う」と証言するのは、さる阪神OBだ。

「負け越しを喫した東京ドームでの巨人との開幕カード。和田監督は2戦目に私生活でも使う遠近両用のメガネをかけて試合に挑み、勝利した。ゲンかつぎのひとつになったようだが、巨人の周辺からは<あれは原監督のマネでしょ? でも今は、ほとんどがコンタクトを使っているのに>と、ほくそえむ声も出ていた。それだけ巨人には余裕があったということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る