客離れ心配な阪神 「掛布1軍」の“特効薬”使えない理由

公開日: 更新日:

「こりゃ、先が思いやられるでぇ」
 阪神の関係者がこう言って頭を抱えている。

 巨人との開幕カードは1勝2敗。接戦を演じたならまだしも、3試合で計47安打27失点とボコボコに叩きのめされた。投手陣がボロボロな上に、3戦目には二塁レギュラーの西岡が守備の際に福留と交錯して病院送りとなり、鼻骨骨折、左肩脱臼の大ケガで戦線離脱する事態。春の桜は満開だというのに、阪神はいまだつぼみのままである。

 予兆はあった。4番に座る新助っ人のゴメスが大幅に調整が遅れ、目立った若手の台頭もなかった。オープン戦は貧打に泣いて11位に低迷。坂井オーナーは「危機感を抱いている」と悲愴(ひそう)な面持ちで、期待の持ちようがないのが現状だ。

■ホームゲームのチケットは売れ残り

「ファンも敏感に感じているんでしょう」と、冒頭の関係者が頭を抱えてこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る