日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

客離れ心配な阪神 「掛布1軍」の“特効薬”使えない理由

「こりゃ、先が思いやられるでぇ」
 阪神の関係者がこう言って頭を抱えている。

 巨人との開幕カードは1勝2敗。接戦を演じたならまだしも、3試合で計47安打27失点とボコボコに叩きのめされた。投手陣がボロボロな上に、3戦目には二塁レギュラーの西岡が守備の際に福留と交錯して病院送りとなり、鼻骨骨折、左肩脱臼の大ケガで戦線離脱する事態。春の桜は満開だというのに、阪神はいまだつぼみのままである。

 予兆はあった。4番に座る新助っ人のゴメスが大幅に調整が遅れ、目立った若手の台頭もなかった。オープン戦は貧打に泣いて11位に低迷。坂井オーナーは「危機感を抱いている」と悲愴(ひそう)な面持ちで、期待の持ちようがないのが現状だ。

■ホームゲームのチケットは売れ残り

「ファンも敏感に感じているんでしょう」と、冒頭の関係者が頭を抱えてこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事