出番なし、西岡も離脱…阪神守護神・呉昇桓は悶々の日々

公開日: 更新日:

 また出番なしだった。阪神は先発藤浪が七回に突然崩れ出し、石川の適時打とブランコの逆転満塁弾を浴び、この回で降板。4点リードを守れず甲子園の開幕試合を落とし、新守護神・呉昇桓(31=韓国サムスン)の本拠地デビューは消えた。

 呉はここまで3試合の登板で1セーブ。チームは開幕から投手がボロボロで、防御率は7.01という惨状。全3試合のうち、セーブがつく場面での登板は1試合のみ。開幕前に懸念されていた「宝の持ち腐れ」になっている。

 呉は韓国歴代最高の277セーブを挙げ、日本に乗り込んできた。過去に韓国から来た抑え投手は、宣銅烈(サムスン→中日)、林昌勇(サムスン→ヤクルト)と、古巣の先輩が成功を収めている。阪神OBが言う。

「呉はプライドと意地があるから、阪神では藤川球児(現カブス)が持つ46セーブの日本記録超えを狙っている。なのに登板機会がないどころか、6日のヤクルト戦は7点差の場面で調整登板をさせられた。こんな使われ方ならストレスはたまるばかりでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る