日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

編成下手また露呈 阪神・伊藤和雄の遅すぎた「支配下登録」

 ようやく重い腰を上げた。

 阪神が11日、育成選手の伊藤和雄(24)を支配下登録した。3ケタの背番号「117」から「92」に変更となった右腕は早速、一軍に合流。この日の巨人戦での登板はなかったが、「ずっと這い上がろうと思ってやってきた。背番号92は(元阪神の守護神の)藤川球児さんもつけていた番号だし、直球で攻めて球児さんみたいになりたい」と、意気込みを語った。

 それにしても遅すぎる昇格だ。11年のドラフト4位で東京国際大から入団した伊藤は昨季、右肘痛の影響で二軍暮らしが続き、12試合登板で1勝1敗、防御率11.57に終わった。

■動かなかったフロント、現場

 オフに育成に降格させられて迎えた今季、二軍練習試合、教育リーグの6試合で14イニング23奪三振と好投。オープン戦は3試合に登板し、4イニングを無失点8奪三振と結果を残していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事