• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

81本塁打ペース 「タイトルいらない」バレンティンの胸中

「仕方ない。ベストは尽くしたが、勝つときもあれば負けるときもある。シーズンは長いので順位が上がってくればいいんだけど…」
 ヤクルトのバレンティンが悩ましげな表情でこう言った。

 17日の巨人戦で2本塁打。両リーグトップの9号は、シーズンに換算すると81本塁打ペースとなる。日本新記録の60本塁打をマークした昨季を上回る驚異的な量産態勢で、しかも、「オフに起こした夫人へのDV問題で、5月に一時帰国して裁判に出廷しなければいけなかったのが、免除されたようです」(チーム関係者)というから、今季はどこまで本数を伸ばすやら。が、この主砲がいくら打ってもチームは勝てない。この日も先発の古野が5回4失点でKO。チーム防御率5.94は、12球団ワーストの惨状だ。ここまで投手陣がボロボロでは、バレンティンの一発も「ぬかに釘」「暖簾に腕押し」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る