キャンプ絶好調! バレンティンにDV逮捕の“後遺症”まったくなし

公開日:  更新日:

「150キロなんて見たのは初めてです」用具メーカーの関係者が思わず目を丸くした。

 7日の打撃練習中、ヤクルトのバレンティン(29)がスイングスピードを測った。物凄いスイング音ではじき出された数字は148キロ。報道陣のリクエストに応え、2度目のスイングでは驚異の151キロを計測した。用具メーカーの関係者によると、「プロ野球選手の平均は130キロ強」というから、とてつもないスイングだ。

 本人は日本語で、「ヨユーデス」と笑顔を見せると、「スイングの力は85~90%。ゲームではスイングスピードを考えずに、しっかりバットをボールに当てることだけに集中している」と話した。小川監督も、「来日当初からスイングスピードは速くなったと感じる。3年連続本塁打王になった自信がかなり大きいと思う。打撃面は全く心配ありません」と絶賛。100%の力で振っていたら、とてつもないスピードが出たはずで、昨季60本塁打でシーズン最多本塁打記録を更新したパワーは今年も健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る