ついに2軍落ち 楽天・松井裕に必要なのは「野手への信頼」

公開日: 更新日:

 23日の西武戦に4度目の先発となった楽天の松井裕樹(18)。立ち上がりの初回から5四球と課題の制球難は相変わらず。それでも重盗失敗という西武のヘボ野球に助けられ、何とかこの回は1失点で切り抜けた。

 二、三回は3者凡退と立ち直ったかに見えたが、五回にも四球絡みで失点。勝ち投手の権利を得ながら、自ら手放した。5回5安打6奪三振とはいえ、8四球5失点。費やした球数は127球だ。星野監督は試合後、「ピッチングのABCからやってもらう」と、二軍落ちを命じた。

■「後ろを見ろ。7人守っている」

 松井は通算4試合、19回3分の1で23奪三振、24四死球。球数も合計426投げている。1イニングあたり22球になるのだから、守っている野手だってたまったもんじゃない。

 西武黄金時代の名二塁手だった山崎裕之氏(評論家)はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  6. 6

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  9. 9

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る