ついに2軍落ち 楽天・松井裕に必要なのは「野手への信頼」

公開日:  更新日:

 23日の西武戦に4度目の先発となった楽天の松井裕樹(18)。立ち上がりの初回から5四球と課題の制球難は相変わらず。それでも重盗失敗という西武のヘボ野球に助けられ、何とかこの回は1失点で切り抜けた。

 二、三回は3者凡退と立ち直ったかに見えたが、五回にも四球絡みで失点。勝ち投手の権利を得ながら、自ら手放した。5回5安打6奪三振とはいえ、8四球5失点。費やした球数は127球だ。星野監督は試合後、「ピッチングのABCからやってもらう」と、二軍落ちを命じた。

■「後ろを見ろ。7人守っている」

 松井は通算4試合、19回3分の1で23奪三振、24四死球。球数も合計426投げている。1イニングあたり22球になるのだから、守っている野手だってたまったもんじゃない。

 西武黄金時代の名二塁手だった山崎裕之氏(評論家)はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る