• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

奪三振に欲が…楽天・則本のスタミナ奪うマー君の“残像”

「昨年の田中は確かにすごかった。強烈なイメージとして残っているのは分かるんだが……」

 こういって楽天関係者が表情を曇らせているのが、2年目の則本(23)のことだ。

 昨季は15勝をマークして新人王。今季はヤンキースに移籍した田中将大に代わるエースとして重責を担うが、その田中のおかげで自らの投球を失いつつあるというのだ。

「則本のよさはスライダーやスプリットを駆使してバットの芯を外すこと。内野ゴロを打たさせ、長い回を投げるのが持ち味。ところが、昨季の田中がスプリットでバッタバッタと三振を奪った映像が脳裏に焼きついたからか、今年の則本は『三振欲』が出ている。内野ゴロを打たせるより三振を狙っているので球数が増える傾向にあるのです」(チーム関係者)

■「ギアチェンジ」は不発

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る