「突然トレードにショックは?」 オリから移籍の楽天・後藤を直撃

公開日: 更新日:

 19日の阪神との練習試合で、オリックスから楽天移籍1年目の後藤光尊(35)が5番・三塁で出場、内野の定位置奪取に向け、4打数2安打とアピールした。

 昨季は若手の活躍や平野のFA加入、自身の不調もあり、69試合で3本塁打、16打点、打率.243。年末に鉄平との電撃トレードで楽天に移籍したが、これには「まさか」という声も多かった。

 何せ後藤は、ブルーウェーブ時代からオリックス一筋の功労者。さらには10年から続いていた年俸1億5000万円の複数年契約の途中。球界では「年俸が高く、煙たい存在になってきた後藤が邪魔になったのでは」ともいわれている。心中複雑であろう後藤を直撃した。

■練習の質も量もこれまで以上

――連日、遅くまでバットを振っていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

もっと見る