5連勝のオリ西勇輝 防衛率0点台を支える「盗み」と「睡眠」

公開日:  更新日:

「野手の方々がリズムよく守ってくれたので。自分のテンポに持っていけたのがいい結果につながったと思います」

 29日のソフトバンク戦。7回2失点の好投で無傷の5連勝を飾った本人は試合後、こう言って笑みを見せた。防御率は12球団の先発で、ただひとりの0点台となる0.69である。

 昨シーズンこそ9勝どまりだったが、11年には2ケタ勝利(10勝)をマーク。12年の最終戦(ソフトバンク戦)ではノーヒットノーランを記録するなど、もともと実力はあった。今季、その才能に一層の磨きをかけている要因のひとつが西独特の「盗み」という。

 常に笑顔で人懐っこい性格。チーム内の先輩からは頻繁に食事に誘われる。その機会を利用して、積極的に投球術を学び、経験と技術を盗んで実践しているのだ。マウンド上での間の取り方や変化球の握り、さらには配球、相手打者の傾向など。同僚の平野佳(30)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る