5連勝のオリ西勇輝 防衛率0点台を支える「盗み」と「睡眠」

公開日:  更新日:

「野手の方々がリズムよく守ってくれたので。自分のテンポに持っていけたのがいい結果につながったと思います」

 29日のソフトバンク戦。7回2失点の好投で無傷の5連勝を飾った本人は試合後、こう言って笑みを見せた。防御率は12球団の先発で、ただひとりの0点台となる0.69である。

 昨シーズンこそ9勝どまりだったが、11年には2ケタ勝利(10勝)をマーク。12年の最終戦(ソフトバンク戦)ではノーヒットノーランを記録するなど、もともと実力はあった。今季、その才能に一層の磨きをかけている要因のひとつが西独特の「盗み」という。

 常に笑顔で人懐っこい性格。チーム内の先輩からは頻繁に食事に誘われる。その機会を利用して、積極的に投球術を学び、経験と技術を盗んで実践しているのだ。マウンド上での間の取り方や変化球の握り、さらには配球、相手打者の傾向など。同僚の平野佳(30)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る