5連勝のオリ西勇輝 防衛率0点台を支える「盗み」と「睡眠」

公開日: 更新日:

「野手の方々がリズムよく守ってくれたので。自分のテンポに持っていけたのがいい結果につながったと思います」

 29日のソフトバンク戦。7回2失点の好投で無傷の5連勝を飾った本人は試合後、こう言って笑みを見せた。防御率は12球団の先発で、ただひとりの0点台となる0.69である。

 昨シーズンこそ9勝どまりだったが、11年には2ケタ勝利(10勝)をマーク。12年の最終戦(ソフトバンク戦)ではノーヒットノーランを記録するなど、もともと実力はあった。今季、その才能に一層の磨きをかけている要因のひとつが西独特の「盗み」という。

 常に笑顔で人懐っこい性格。チーム内の先輩からは頻繁に食事に誘われる。その機会を利用して、積極的に投球術を学び、経験と技術を盗んで実践しているのだ。マウンド上での間の取り方や変化球の握り、さらには配球、相手打者の傾向など。同僚の平野佳(30)がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る