14K オリ金子の“国内志向”にメジャーと球団が歯ぎしり

公開日:  更新日:

 圧巻の投球だった。

 オリックスの金子千尋(30)が25日の楽天戦で今季2勝目。1安打1四球、14奪三振と楽天打線をきりきり舞いさせ、通算1000奪三振のオマケ付きだ。
「あまり三振に対して執着はないんで……。うれしいけど、それよりチームが勝ってよかった」

 お立ち台で淡々と振り返った金子。この日マスクをかぶった伊藤も「僕のリードというよりは、金子さんのボールが凄すぎる」と脱帽した。

 そんな金子に「もったいない」と肩を落とすのがメジャー球団だ。昨季は田中(ヤンキース)を抜く200奪三振で、奪三振王のタイトルを獲得。メジャーで活躍する日本人投手が決め球としているスプリットも武器にしている。何よりメジャーが興味を持っているのは、ここまで5試合39イニングでわずか7四球というバツグンの制球力だ。今季はキャンプ中に6回しかブルペンに入らないなど、日本人に多い投げたがりでないのもポイントが高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る