14K オリ金子の“国内志向”にメジャーと球団が歯ぎしり

公開日:  更新日:

 圧巻の投球だった。

 オリックスの金子千尋(30)が25日の楽天戦で今季2勝目。1安打1四球、14奪三振と楽天打線をきりきり舞いさせ、通算1000奪三振のオマケ付きだ。
「あまり三振に対して執着はないんで……。うれしいけど、それよりチームが勝ってよかった」

 お立ち台で淡々と振り返った金子。この日マスクをかぶった伊藤も「僕のリードというよりは、金子さんのボールが凄すぎる」と脱帽した。

 そんな金子に「もったいない」と肩を落とすのがメジャー球団だ。昨季は田中(ヤンキース)を抜く200奪三振で、奪三振王のタイトルを獲得。メジャーで活躍する日本人投手が決め球としているスプリットも武器にしている。何よりメジャーが興味を持っているのは、ここまで5試合39イニングでわずか7四球というバツグンの制球力だ。今季はキャンプ中に6回しかブルペンに入らないなど、日本人に多い投げたがりでないのもポイントが高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る