14K オリ金子の“国内志向”にメジャーと球団が歯ぎしり

公開日: 更新日:

 圧巻の投球だった。

 オリックスの金子千尋(30)が25日の楽天戦で今季2勝目。1安打1四球、14奪三振と楽天打線をきりきり舞いさせ、通算1000奪三振のオマケ付きだ。
「あまり三振に対して執着はないんで……。うれしいけど、それよりチームが勝ってよかった」

 お立ち台で淡々と振り返った金子。この日マスクをかぶった伊藤も「僕のリードというよりは、金子さんのボールが凄すぎる」と脱帽した。

 そんな金子に「もったいない」と肩を落とすのがメジャー球団だ。昨季は田中(ヤンキース)を抜く200奪三振で、奪三振王のタイトルを獲得。メジャーで活躍する日本人投手が決め球としているスプリットも武器にしている。何よりメジャーが興味を持っているのは、ここまで5試合39イニングでわずか7四球というバツグンの制球力だ。今季はキャンプ中に6回しかブルペンに入らないなど、日本人に多い投げたがりでないのもポイントが高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る