菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左足つま先を開かずに壁をつくる

公開日: 更新日:

■一本足素振りで左足の使い方をマスター

 アドレスで左足のつま先を目標方向に少し開いておいても、インパクトでは正面を向き、左足が目標線とほぼ直角になっているプロが多い。
「ダウンスイングはヒールダウンから」

 つまりバックスイングでヒールアップした左かかとを地面に戻すことによってダウンスイングが始まる。プロのヒールダウンの仕方を見ていると、たとえば高橋勝成プロは左足かかとをアドレスのときよりやや外側に向けて下ろしている。

 そうすればインパクトで左つま先が開かず、左足が目標線と直角になるので左サイドに壁ができるというわけだ。

 ところが一般のアマチュアゴルファーはアドレスのときよりインパクトで左つま先が大きく開いてしまっている人が多い。左つま先を大きく開くことによって左ひざと左腰も引けてしまっている。左腰を引いて、体が後ろに下がるようにして打っている人が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る