日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左足つま先を開かずに壁をつくる

■一本足素振りで左足の使い方をマスター

 アドレスで左足のつま先を目標方向に少し開いておいても、インパクトでは正面を向き、左足が目標線とほぼ直角になっているプロが多い。
「ダウンスイングはヒールダウンから」

 つまりバックスイングでヒールアップした左かかとを地面に戻すことによってダウンスイングが始まる。プロのヒールダウンの仕方を見ていると、たとえば高橋勝成プロは左足かかとをアドレスのときよりやや外側に向けて下ろしている。

 そうすればインパクトで左つま先が開かず、左足が目標線と直角になるので左サイドに壁ができるというわけだ。

 ところが一般のアマチュアゴルファーはアドレスのときよりインパクトで左つま先が大きく開いてしまっている人が多い。左つま先を大きく開くことによって左ひざと左腰も引けてしまっている。左腰を引いて、体が後ろに下がるようにして打っている人が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事