菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

左足つま先を開かずに壁をつくる

公開日:  更新日:

■一本足素振りで左足の使い方をマスター

 アドレスで左足のつま先を目標方向に少し開いておいても、インパクトでは正面を向き、左足が目標線とほぼ直角になっているプロが多い。
「ダウンスイングはヒールダウンから」

 つまりバックスイングでヒールアップした左かかとを地面に戻すことによってダウンスイングが始まる。プロのヒールダウンの仕方を見ていると、たとえば高橋勝成プロは左足かかとをアドレスのときよりやや外側に向けて下ろしている。

 そうすればインパクトで左つま先が開かず、左足が目標線と直角になるので左サイドに壁ができるというわけだ。

 ところが一般のアマチュアゴルファーはアドレスのときよりインパクトで左つま先が大きく開いてしまっている人が多い。左つま先を大きく開くことによって左ひざと左腰も引けてしまっている。左腰を引いて、体が後ろに下がるようにして打っている人が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る