日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

右足の前に向かってクラブを振り下ろす

「ビハインド・ザ・ボール」
 つまりボールの後ろに頭を残しておいて振り抜かないとナイスショットできないと分かっていても、ダウンスイングで上体が左に出ていってしまうという人が多いと思う。

 ダウンスイングで頭が左に動くのは「左足かかとの前に置いたボールに向かってクラブを振ってやろうとするために右肩も一緒に出ていってしまうためだ」とよくいわれる。
 だから、ダウンスイングで右肩を残しておいて腕を振り下ろしてやれば頭も残るというのだ。

 ではクラブはどこに向かって振り下ろしてやるのかというと、「右足の前か、それより外側」と言うプロが多い。鬼才といわれた戸田藤一郎プロは「右肩はトップの位置に残しておいて、右手でクラブを真下に振り下ろせ」と言った。

「左手が緩まないようにしっかり持って、バックスイングでもダウンスイングでも左わきを体につけておく。それさえ守ればいくら右手を使っても球は曲がらない。左わきをつけたまま右手で上げるとアゴのところまで左肩も入ってくるので体がよくねじれる。トップからダウンスイングに切り返すときは右肩を下げないようにトップの位置においたまま、左足を踏み込むと同時に右手で振り下ろしてやる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事