W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”

公開日: 更新日:

ドングリの背比べに辟易

 ブラジルW杯代表メンバー発表の「主役」を務めた川崎FW大久保。

 12年2月のアイスランド戦以来、代表にお呼びがかからず、4月上旬に千葉で行われた「国内組代表候補合宿」にも招集されなかったことで、ザック日本代表入りを完全に諦めていた。実際、親しい友人に「大体、合宿や遠征で家を空けるのが好きじゃない。精神的にも疲れるし。代表には選ばれなくていいし、そもそも選ばれるとも思ってない」と話していた。

■折り合い良くなかった父親の遺書

「ちょうど1年前。昨年5月12日に実父・克博さんが死去。決して折り合いの良い間柄じゃなかったが、遺書に<日本代表に入れ>と書いてあり、それから大久保の気持ちが変わった。<今のザック・ジャパンにはフィニッシュの部分で怖さがない。試合もつまらない。見ていてワクワクもドキドキもしない>と監督批判的なコメントで世間をハラハラさせながら<ザックさん! オレを選べ!>と猛烈なアピールを繰り返すようになった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る