W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”

公開日: 更新日:

ドングリの背比べに辟易

 ブラジルW杯代表メンバー発表の「主役」を務めた川崎FW大久保。

 12年2月のアイスランド戦以来、代表にお呼びがかからず、4月上旬に千葉で行われた「国内組代表候補合宿」にも招集されなかったことで、ザック日本代表入りを完全に諦めていた。実際、親しい友人に「大体、合宿や遠征で家を空けるのが好きじゃない。精神的にも疲れるし。代表には選ばれなくていいし、そもそも選ばれるとも思ってない」と話していた。

■折り合い良くなかった父親の遺書

「ちょうど1年前。昨年5月12日に実父・克博さんが死去。決して折り合いの良い間柄じゃなかったが、遺書に<日本代表に入れ>と書いてあり、それから大久保の気持ちが変わった。<今のザック・ジャパンにはフィニッシュの部分で怖さがない。試合もつまらない。見ていてワクワクもドキドキもしない>と監督批判的なコメントで世間をハラハラさせながら<ザックさん! オレを選べ!>と猛烈なアピールを繰り返すようになった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る