日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”

ドングリの背比べに辟易

 ブラジルW杯代表メンバー発表の「主役」を務めた川崎FW大久保。

 12年2月のアイスランド戦以来、代表にお呼びがかからず、4月上旬に千葉で行われた「国内組代表候補合宿」にも招集されなかったことで、ザック日本代表入りを完全に諦めていた。実際、親しい友人に「大体、合宿や遠征で家を空けるのが好きじゃない。精神的にも疲れるし。代表には選ばれなくていいし、そもそも選ばれるとも思ってない」と話していた。

■折り合い良くなかった父親の遺書

「ちょうど1年前。昨年5月12日に実父・克博さんが死去。決して折り合いの良い間柄じゃなかったが、遺書に<日本代表に入れ>と書いてあり、それから大久保の気持ちが変わった。<今のザック・ジャパンにはフィニッシュの部分で怖さがない。試合もつまらない。見ていてワクワクもドキドキもしない>と監督批判的なコメントで世間をハラハラさせながら<ザックさん! オレを選べ!>と猛烈なアピールを繰り返すようになった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事