細貝、豊田が“サプライズ落選” W杯代表選出の魑魅魍魎

公開日:  更新日:

 6月12日に開幕するW杯ブラジル大会に出場する日本代表メンバー23人が12日午後2時、都内ホテルで発表された。

 主力メンバーは海外組から、FW岡崎、MF本田、香川、DF長友、GK川島が選出。故障が懸念されたDF吉田、内田、ザッケローニ監督が大きな信頼を寄せるMF長谷部らも順当に選ばれた。国内組からはベテランのMF遠藤、DF今野、若手のFW柿谷らとともに、10日のJリーグ鹿島戦で2点を挙げ、得点ランクで日本人トップの8ゴールを奪いアピールしていたFW大久保もメンバー入りした。

 一方、意外だったのは、ボランチのバックアップとしてこれまで招集されてきたMF細貝萌(27=ヘルタ・ベルリン)の落選だ。

 ザッケローニ監督は「選考はクオリティー、才能、チームの和、戦術の理解力を重視した。加えて複数ポジションができるユーティリティーさも材料とした。最も悩んだのはボランチを1枚増やすかどうかだった」と語ったが、細貝は割りを食ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る