• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラジルW杯C組分析 対戦国の注意点とウィークポイント

■コートジボワール 長い手足のY・トゥーレは要注意

 代表SB長友が「代表キャリアの中で10年W杯前に対戦したコートジボワールほど強かったチームはない」と感嘆する。

 現代表も強力無比。中でもトップ下のY・トゥーレ(マンチェスター・シティーMF)は要注意人物だ。長い手足を駆使したドリブル、一瞬にしてDFのズレを見抜く戦術眼でアタッカー陣を操り、相手ボールになると身長188センチ、体重90キロの恵まれたフィジカルを前面に押し出し、相手の攻撃の芽を摘んでいく。「Y・トゥーレをどう攻略するか?」。これが勝敗の行方を左右する。

 アフリカを代表する大物ストライカー・FWドログバ(ガラタサライ)の決定力の高さは健在。しかし、超人も寄る年波(35歳)にはあらがえず、プレミア得点王を獲得した頃のスピードは明らかに衰えた。「母国の英雄だから」と、調子に乗れないドログバ頼みの攻撃に執着してくれたら――。攻守のリズムが崩れ、凡庸なチームに成り下がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る