「本田を起用すべき」 釜本邦茂氏がW杯「岡崎1トップ」に異論

公開日: 更新日:

 ブンデスリーガ1部マインツ所属の岡崎慎司選手が今季リーグで14ゴールを決め、ドルトムント時代の香川真司選手の13ゴールを抜き、日本人欧州主要リーグ「年間最多得点男」になった。

 岡崎はマインツで1トップとしてプレーしている。Jクラブの監督経験者などが「日本代表の1トップに岡崎を起用すべき」と発言しているようだ。確かに「ゴールを量産しているFWが、相手ゴールの一番近いところでプレーする」ことに異論はない。ある意味では極めて自然なことだ。

 しかし、日本代表の1トップとして機能するのか? そもそも岡崎は1トップの資質を有しているのか? シビアに検証しないといけない。
 岡崎はマインツで「味方がボールを奪った瞬間にDFの裏を突く」プレーに徹している。日本代表では、これ以外に「ポストプレーを確実にこなす」「屈強DF相手に体を張ってボールキープ」「ボールを保持して時間を稼ぐ」といったプレーが要求される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る