「本田を起用すべき」 釜本邦茂氏がW杯「岡崎1トップ」に異論

公開日:  更新日:

 ブンデスリーガ1部マインツ所属の岡崎慎司選手が今季リーグで14ゴールを決め、ドルトムント時代の香川真司選手の13ゴールを抜き、日本人欧州主要リーグ「年間最多得点男」になった。

 岡崎はマインツで1トップとしてプレーしている。Jクラブの監督経験者などが「日本代表の1トップに岡崎を起用すべき」と発言しているようだ。確かに「ゴールを量産しているFWが、相手ゴールの一番近いところでプレーする」ことに異論はない。ある意味では極めて自然なことだ。

 しかし、日本代表の1トップとして機能するのか? そもそも岡崎は1トップの資質を有しているのか? シビアに検証しないといけない。
 岡崎はマインツで「味方がボールを奪った瞬間にDFの裏を突く」プレーに徹している。日本代表では、これ以外に「ポストプレーを確実にこなす」「屈強DF相手に体を張ってボールキープ」「ボールを保持して時間を稼ぐ」といったプレーが要求される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る