「本田を起用すべき」 釜本邦茂氏がW杯「岡崎1トップ」に異論

公開日: 更新日:

 ブンデスリーガ1部マインツ所属の岡崎慎司選手が今季リーグで14ゴールを決め、ドルトムント時代の香川真司選手の13ゴールを抜き、日本人欧州主要リーグ「年間最多得点男」になった。

 岡崎はマインツで1トップとしてプレーしている。Jクラブの監督経験者などが「日本代表の1トップに岡崎を起用すべき」と発言しているようだ。確かに「ゴールを量産しているFWが、相手ゴールの一番近いところでプレーする」ことに異論はない。ある意味では極めて自然なことだ。

 しかし、日本代表の1トップとして機能するのか? そもそも岡崎は1トップの資質を有しているのか? シビアに検証しないといけない。
 岡崎はマインツで「味方がボールを奪った瞬間にDFの裏を突く」プレーに徹している。日本代表では、これ以外に「ポストプレーを確実にこなす」「屈強DF相手に体を張ってボールキープ」「ボールを保持して時間を稼ぐ」といったプレーが要求される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る