恐るべき強心臓 日ハム大谷「エース兼4番」は秒読み段階

公開日: 更新日:

 二刀流2年目を迎えた日本ハム大谷翔平(19)が、23日のソフトバンク戦(東京ドーム)で今季1号本塁打を放った。

 初回2死無走者で迎えた第1打席。カウント1ストライクから寺原の投じた高め直球を、左中間席中段に運ぶ技ありの先制弾。五回の第3打席でも右翼線二塁打を放つなど、この日は4打数2安打。これで3月30日のオリックス戦から、野手として出場した10試合はすべて安打を放っている。打率もレギュラーの中で依然トップの.391と好調をキープしている。

 今季は投手優先。キャンプから打撃練習はほとんどやっていない。それでも開幕から打ちまくって、この日は本塁打まで飛び出した。

 試合後の本人は、初回の一発に関してこう言った。

「きょうは(相手)キャッチャーが鶴さん(昨年まで日ハムの鶴岡)だったので。去年も高めの球で攻められていたので、高めのストレートか低めのスライダーと思っていたんです。先制できて良かったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る