• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連続適時打…日ハム首脳陣も目が点になった大谷の打撃技術

 とてもじゃないが、高卒2年目とは思えない。
 30日の西武戦で、日本ハムの大谷翔平(19)が2安打2打点で勝利に貢献した。

 ここまで59打席。投手との「二刀流」で規定打席には到達していないとはいえ、打率.392。20安打7四球と、出塁率も5割近い。それだけでも驚くべきことなのに、首脳陣をさらに仰天させたのが2安打の内容だ。

 大谷に言わせれば、3打席目の右前適時打は「直球を待ってカーブに反応した」とのこと。直球を待ちつつ変化球に対応するのは、打者としての基本。大谷も1年目の昨季からやっていた。2打席目のセンターオーバーの適時二塁打はその逆。「フォークを待っていたんですが、うまく内角の直球を打てた」というのだから、それを耳にした首脳陣も目が点になった。

 前者はともかく、変化球を待ちながら速球に対応するのはプロの打者でも、そうそう出来ることじゃない。まして、大谷は高卒2年目。今季はキャンプから投手優先のメニューで、打撃練習は昨季と比べて激減している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る