日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連続適時打…日ハム首脳陣も目が点になった大谷の打撃技術

 とてもじゃないが、高卒2年目とは思えない。
 30日の西武戦で、日本ハムの大谷翔平(19)が2安打2打点で勝利に貢献した。

 ここまで59打席。投手との「二刀流」で規定打席には到達していないとはいえ、打率.392。20安打7四球と、出塁率も5割近い。それだけでも驚くべきことなのに、首脳陣をさらに仰天させたのが2安打の内容だ。

 大谷に言わせれば、3打席目の右前適時打は「直球を待ってカーブに反応した」とのこと。直球を待ちつつ変化球に対応するのは、打者としての基本。大谷も1年目の昨季からやっていた。2打席目のセンターオーバーの適時二塁打はその逆。「フォークを待っていたんですが、うまく内角の直球を打てた」というのだから、それを耳にした首脳陣も目が点になった。

 前者はともかく、変化球を待ちながら速球に対応するのはプロの打者でも、そうそう出来ることじゃない。まして、大谷は高卒2年目。今季はキャンプから投手優先のメニューで、打撃練習は昨季と比べて激減している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事