5連敗で現実味 日ハムの「大谷打率3割」「チーム最下位」

公開日: 更新日:

 前日までのチーム防御率(4.03)がリーグ最下位の日本ハム。エースの吉川(26)がいまだ勝ち星なし。先発で白星があるのは3年目の上沢(20)とメンドーサ(30)の2人だけ。そのメンドーサが、8日の楽天戦は4回もたずに5失点KOされた。

 日本ハムはこれで5連敗。先発陣の立て直しが何より急務なのは一目瞭然だ。

 なのに、この期に及んで大谷翔平(19)のバットにこだわっているのが栗山監督。12日の西武戦の先発が決まったというのに、この日も「3番DH」でフル出場させた。

 結果は5打数2安打1得点。五回に追撃につなげる左前打を放ったものの、終わってみれば大量失点で黒星を重ねた。

■フロントは大谷をローテの軸にと

 なにしろ大谷はキャンプで3日打撃練習をしただけで打率3割7分。栗山監督がその打撃に未練タラタラなのも分からなくはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る