松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「今日の青木」のなぜ

公開日: 更新日:

NHKが地味な日本人メジャーリーガーを定点観測

■裏読みしてみたら…

 NHKのスポーツニュースで、ほぼ毎日「今日の青木」というコーナーがある。ダルビッシュや田中将大のように大ニュースで扱うわけじゃない。新聞の首相日常のように「今日の青木」とやる。

 宮崎出身であ~東京で野球をやりたいと早稲田に入り、大学リーグ4連覇に貢献し、あ~プロになりたいなと練習してヤクルトドラフト4巡目で指名され、コツンコツンと打ち始めて首位打者3回、WBCの代表に選ばれたのをきっかけにあ~メジャー行きたいな、とブルワーズ、ロイヤルズと渡り歩くが、イチローや松井ほど目立った成績でもない。

 ボサボサの髪でぶいぶい言わせていたヤクルト時代と打って変わって、メジャーに渡ったら短髪で地味。とりたててハンサムじゃない、背も低い、足も短い、爆発的な人気もない、それなのに、NHKで「今日の青木」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る