松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「今日の青木」のなぜ

公開日:  更新日:

NHKが地味な日本人メジャーリーガーを定点観測

■裏読みしてみたら…

 NHKのスポーツニュースで、ほぼ毎日「今日の青木」というコーナーがある。ダルビッシュや田中将大のように大ニュースで扱うわけじゃない。新聞の首相日常のように「今日の青木」とやる。

 宮崎出身であ~東京で野球をやりたいと早稲田に入り、大学リーグ4連覇に貢献し、あ~プロになりたいなと練習してヤクルトにドラフト4巡目で指名され、コツンコツンと打ち始めて首位打者3回、WBCの代表に選ばれたのをきっかけにあ~メジャー行きたいな、とブルワーズ、ロイヤルズと渡り歩くが、イチローや松井ほど目立った成績でもない。

 ボサボサの髪でぶいぶい言わせていたヤクルト時代と打って変わって、メジャーに渡ったら短髪で地味。とりたててハンサムじゃない、背も低い、足も短い、爆発的な人気もない、それなのに、NHKで「今日の青木」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る