松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「今日の青木」のなぜ

公開日:  更新日:

NHKが地味な日本人メジャーリーガーを定点観測

■裏読みしてみたら…

 NHKのスポーツニュースで、ほぼ毎日「今日の青木」というコーナーがある。ダルビッシュや田中将大のように大ニュースで扱うわけじゃない。新聞の首相日常のように「今日の青木」とやる。

 宮崎出身であ~東京で野球をやりたいと早稲田に入り、大学リーグ4連覇に貢献し、あ~プロになりたいなと練習してヤクルトにドラフト4巡目で指名され、コツンコツンと打ち始めて首位打者3回、WBCの代表に選ばれたのをきっかけにあ~メジャー行きたいな、とブルワーズ、ロイヤルズと渡り歩くが、イチローや松井ほど目立った成績でもない。

 ボサボサの髪でぶいぶい言わせていたヤクルト時代と打って変わって、メジャーに渡ったら短髪で地味。とりたててハンサムじゃない、背も低い、足も短い、爆発的な人気もない、それなのに、NHKで「今日の青木」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る