メッツ松坂 念願の「先発」勝利…タイムリー打つオマケ付き

公開日: 更新日:

6回3安打2失点

 メッツ・松坂大輔(33)が念願の先発復帰に向けてアピールした。
 25日のダイヤモンドバックス戦に今季初先発。6回を3安打2失点、6三振1四球で今季2勝目をマーク。先発としては昨年9月25日のレッズ戦以来の白星を手にした。

 ナ・リーグ西地区最下位のDバックス相手に二回、連打を浴びて2点の先制を許す。今季48試合目にしてようやく巡ってきた先発のチャンスを生かそうと必死だったのだろう。直後の攻撃で1死二、三塁の好機で打席に立つと、148キロの直球を捉えて左前に運ぶ適時打を放った。

 その後は走者を出しながらも無失点で切り抜けると、ベテラン右腕の投打にわたる踏ん張りに打線も奮起。六回、テハダの左前適時打で逆転した。

 23日の試合が雨で流れて先発投手が不足し、急きょ、出番が回ってきた。今回はあくまでも緊急措置に過ぎず、コリンズ監督は依然として松坂をセットアッパーで起用する方針だという。

 もっとも、メッツの現在の先発陣5人のうち、2人は今季メジャー初昇格した若手だ。メッツでは若手先発投手に年間の投球回数を設けているだけに、松坂はこの日の好投で再び、チャンスを掴むかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  9. 9

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る