日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松坂大輔育ての親 横浜高・小倉清一郎氏が東大コーチに転身

 日刊ゲンダイ本紙の週末版「続・鬼の遺言」コラムでおなじみ、横浜高校野球部の小倉清一郎コーチ(69)が今夏限りで退任することになった。横浜は春夏通じて全国制覇5度の高校野球の名門校。6月で70歳になることから、8月31日限りで退任となる辞令を先月、同校から交付されていた。

 今後は全国を巡回し、アマチュア野球の指導に携わりたい意向がある。かつてプロ野球の球団から誘われたこともある小倉コーチのもとには、北は北海道から東北、関東はもちろん、静岡、滋賀、宮崎、南は沖縄と、全国の高校から公式、非公式のオファーが殺到。他にもタイのナショナルチームからも声が掛かった。

■9月に初指導

 そんな中、現在74連敗中の東京大学野球部から「特別コーチ」の打診があり、これを快諾。現在、投手は元巨人の桑田氏、打撃は元中日の谷沢氏とプロOBが指導している。小倉コーチは勝つための作戦面などを含めた「チームプレー」を担当するという。9月には東大で初指導を行う予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事