松坂大輔育ての親 横浜高・小倉清一郎氏が東大コーチに転身

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイ本紙の週末版「続・鬼の遺言」コラムでおなじみ、横浜高校野球部の小倉清一郎コーチ(69)が今夏限りで退任することになった。横浜は春夏通じて全国制覇5度の高校野球の名門校。6月で70歳になることから、8月31日限りで退任となる辞令を先月、同校から交付されていた。

 今後は全国を巡回し、アマチュア野球の指導に携わりたい意向がある。かつてプロ野球の球団から誘われたこともある小倉コーチのもとには、北は北海道から東北、関東はもちろん、静岡、滋賀、宮崎、南は沖縄と、全国の高校から公式、非公式のオファーが殺到。他にもタイのナショナルチームからも声が掛かった。

■9月に初指導

 そんな中、現在74連敗中の東京大学野球部から「特別コーチ」の打診があり、これを快諾。現在、投手は元巨人の桑田氏、打撃は元中日の谷沢氏とプロOBが指導している。小倉コーチは勝つための作戦面などを含めた「チームプレー」を担当するという。9月には東大で初指導を行う予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る