松坂大輔育ての親 横浜高・小倉清一郎氏が東大コーチに転身

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイ本紙の週末版「続・鬼の遺言」コラムでおなじみ、横浜高校野球部の小倉清一郎コーチ(69)が今夏限りで退任することになった。横浜は春夏通じて全国制覇5度の高校野球の名門校。6月で70歳になることから、8月31日限りで退任となる辞令を先月、同校から交付されていた。

 今後は全国を巡回し、アマチュア野球の指導に携わりたい意向がある。かつてプロ野球の球団から誘われたこともある小倉コーチのもとには、北は北海道から東北、関東はもちろん、静岡、滋賀、宮崎、南は沖縄と、全国の高校から公式、非公式のオファーが殺到。他にもタイのナショナルチームからも声が掛かった。

■9月に初指導

 そんな中、現在74連敗中の東京大学野球部から「特別コーチ」の打診があり、これを快諾。現在、投手は元巨人の桑田氏、打撃は元中日の谷沢氏とプロOBが指導している。小倉コーチは勝つための作戦面などを含めた「チームプレー」を担当するという。9月には東大で初指導を行う予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る