• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
菅野徳雄
著者のコラム一覧
菅野徳雄日本ゴルフジャーナリスト協会顧問

1938年生まれ。岩手県出身。立教大卒。1964年からゴルフ雑誌の編集にたずさわり、中村寅吉をはじめ、河野高明、安田春雄、杉本英世、尾崎将司など、数多くのトッププレーヤーを取材。わかりやすい技術論と辛口の評論で知られる。「ゴルフ・トッププロのここを学べ」「ゴルフスウィングの決め手」「即習ゴルフ上達塾」などの著書がある。

肩ではなく腰で体をひねる

「自分でもかなりゴルフができないと、プロに取材した内容を正しく書くことはできない」
 そう思ってゴルフに熱中した時期がある。

 そのころ、戸塚カントリー倶楽部の山本信弘プロのところに取材に行ったとき教わったことは、今でも忘れることができない。

 つま先下がりの傾斜面でバックスイングするときの右腰のひねり方を教わり、おかげでハンディ9が翌年7になった。その頃、ドライバーショットをするとき、バックスイングで体を大きくひねろうとすると右腰が伸びる癖があった。

 傾斜の強いつま先下がりで素振りをさせられた。
 スタンスより球が低いところにあると、少しでも体が起きたら絶対に当たらない。

 つま先下がりではスタンスを広げて重心を低く構え、ひざを曲げたまま腰を低く保ってスイングしなければならないことは分かっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る