ダル無失点で5勝目 中継ぎ陣を休ます「エースの自覚」も

公開日:  更新日:

 10日ぶりのマウンドも不安はみじんも感じさせなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が1日(日本時間2日)、インターリーグのナショナルズ戦に登板。8回を5安打無失点、今季最多タイの12奪三振で5勝目(2敗)をマークした。

 首の張りを訴え、5月22日のタイガース戦を最後にマウンドから遠ざかっていたが、圧巻の投球だった。一回表の攻撃で両軍の指揮官がチャレンジ(ビデオ判定)を要求。5分以上も中断したため、いきなりリズムが狂ったのだろう。立ち上がりは制球に苦しんだ。1番スパンに甘く入った直球を捉えられて右越えの二塁打、四球も絡まって、2死一、三塁のピンチをいきなり背負ったが、5番ラモスを見逃し三振に仕留めて切り抜けた。

 今季はマー君の修正能力の高さが注目を集めているが、ダルも負けじと持ち前の器用さを発揮した。四回以降はカーブを織り交ぜて相手打者のタイミングを狂わせた。四回は先頭のラローシュを94キロのスローカーブで見逃し三振。その後も、低めにカーブを決めて相手のバットに空を切らせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る