• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダル無失点で5勝目 中継ぎ陣を休ます「エースの自覚」も

 10日ぶりのマウンドも不安はみじんも感じさせなかった。レンジャーズ・ダルビッシュ有(27)が1日(日本時間2日)、インターリーグのナショナルズ戦に登板。8回を5安打無失点、今季最多タイの12奪三振で5勝目(2敗)をマークした。

 首の張りを訴え、5月22日のタイガース戦を最後にマウンドから遠ざかっていたが、圧巻の投球だった。一回表の攻撃で両軍の指揮官がチャレンジ(ビデオ判定)を要求。5分以上も中断したため、いきなりリズムが狂ったのだろう。立ち上がりは制球に苦しんだ。1番スパンに甘く入った直球を捉えられて右越えの二塁打、四球も絡まって、2死一、三塁のピンチをいきなり背負ったが、5番ラモスを見逃し三振に仕留めて切り抜けた。

 今季はマー君の修正能力の高さが注目を集めているが、ダルも負けじと持ち前の器用さを発揮した。四回以降はカーブを織り交ぜて相手打者のタイミングを狂わせた。四回は先頭のラローシュを94キロのスローカーブで見逃し三振。その後も、低めにカーブを決めて相手のバットに空を切らせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る