日程はユルユルなのに高年俸…プロ野球選手は“楽チン稼業”

公開日:  更新日:

 ブラック企業で働く若者が知ったら卒倒するのではないか。今どき38日間で実働24日という、うらやましい商売がある。プロ野球選手がそれだ。

 5月20日から6月26日までの交流戦の期間、試合があるのは24日だけ。残りは移動日か休養日だ。特に先週の28日から今週の5日までの9日間。2試合やっては休みで2勤1休だ。最後の4日間は雨天予備日で、試合が雨で流れなければ4連休だ。ヒマさえあれば休んでいるといっても過言ではない。

 なぜこんなことになるかといえば、日程に問題がある。1カード2連戦で長くても2カード4連戦しか組まないからだ。試合のない日も月、火、木、金と週によってバラバラ。日程表と首っ引きにならないと、いつどこでどんなカードがあるのか分からない。

 さすがに内部からも「日程が間延びしている」との声があるが、「3カード6連戦にするとその間、2度移動するので大変」などとどこ吹く風。移動といっても首都圏内もある。年も若く、日頃から体を鍛え、栄養たっぷりの食事を取るプロ野球選手がこたえるとはとても思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る