交流戦首位でも打率ワースト2位…巨人「超貧打」の原因は?

公開日: 更新日:

 巨人が打てない。7勝3敗で交流戦首位も、チーム打率.223は12球団ワースト2位。打率もセ・リーグ規定打席到達者31人中、23位以下に長野、村田、ロペス、阿部と主力4人がズラリと並ぶ。

 5月31日のオリックス戦では、エース金子に九回まで“ノーヒットノーラン”を食らい、全員が青ざめた。延長戦で勝ったからクローズアップされないで済んだものの、球団創設80周年の年に歴史的赤っ恥をかくところだった。

 春先は打ちまくっていたのに、いつの間にか貧打に陥ってしまったのはなぜか。

 首位打者を快走していたアンダーソンの故障離脱なども一因だろうが、開幕2カ月で飛んだり飛ばなかったりと変化した統一球問題が挙げられる。

 飛び過ぎる違反球だった4月、巨人のチーム打率は一時、3割を超えていた。打線がまるで高校野球のように打ちまくっていた一方で、投手陣、特にリリーフ陣が苦しんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る