主将・長谷部はW杯初戦絶望か…囁かれる右膝痛の“深刻度”

公開日:  更新日:

4日の練習には笑顔で参加も

 米国フロリダ州クリアウォーターでW杯事前合宿中の日本代表。合宿6日目となる現地4日午後4時半(日本時間5日午前5時半)に始まった練習で“異変”が起きた。先月27日のキプロス戦で後半45分間プレーした後、右膝痛がぶり返して別メニュー調整だった代表主将のMF長谷部誠(30)が、初めて全体練習に参加したのだ。

 練習場に真っ先に入って来たのは、キプロス戦とコスタリカ戦で不調だったMF本田圭佑。続いて長谷部とDF酒井高徳が並んで姿を現すとメディア陣から「おおっ!」と声が上がった。酒井高は先月の鹿児島合宿中に右膝を痛めて救急車で病院に運ばれて以来、負荷をかけた練習メニューを回避。米国でも長谷部と2人だけ別メニュー調整組だったからである。

 長谷部、酒井高ともにスパイクを履き、ウオーミングアップ中も笑顔を絶やさなかった。コーチが全体練習スタートの合図に笛を鳴らすと長谷部がパン、パンと手を打ち鳴らしながら、「さぁ! 行こうか! 元気出そう!」と声を上げていた。いつも通りの“チームリーダー”長谷部に戻っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る