コスタリカ戦翌日…ザックが“青空ミーティング”で伝えたこと

公開日:  更新日:

 米国フロリダ州クリアウオーターで事前合宿中の日本代表。コスタリカとのテストマッチの翌3日、午後4時半(日本時間4日午前5時半)からの練習に先駆けて、“青空ミーティング”が行われた。

 練習場で選手全員が輪をつくり、ザッケローニ監督が通訳を通して一方的に話した。いったいどんなことが語られたのか。現地で取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏が「これは大久保も話していたことなんですが……」と前置きしてこう言う。

「大久保が〈コスタリカ戦の特に前半は選手間の距離が開き過ぎ、ボールが相手に渡って守備に入る際、人数が足りなくてカウンターを受けやすくなっていた〉と話していたが、コスタリカ戦の失点シーンも含めて、大久保の指摘通りの場面は少なくなかった。相手ボール時の選手のポジショニング、選手同士の距離感に徹底してこだわるザッケローニ監督が、早急に改善すべき修正点として選手に伝えたのでしょう」

 ミーティングは10分に及び、選手たちは神妙というよりも、険しい表情で聞き入っていた。現地6日夜(日本時間7日午前8時半開始)のテストマッチ、ザンビア戦でミーティングの効果が出るのか、要チェックである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る