「トップ下・本田」機能せず…ザック日本に“荒療治”急務の声

公開日:  更新日:

FIFAランク130位の弱小国相手に大苦戦

「地中海に浮かぶ小国キプロス(FIFAランク130位)は、欧州サッカー界のアウトサイダー中のアウトサイダー。これから先、いくら強化してもW杯に出場する可能性はゼロと言っていい。そんなキプロスに日本代表は《もろさ》しか見せられなかった。日本のプレーを見ながら『果たして日本にW杯に出場する資格はあるのか?』といぶかりつつ、ブラジルで『3連敗もある』と思わないではいられませんでした」

 こう話す平野史氏(サッカーライター)の指摘通り、日本代表は攻守に精彩を欠いた。

■機能しない「本田」

 トップ下の本田を中心に、柿谷と大久保を1トップで起用し、岡崎と清武を右サイドアタッカーとしてプレーさせ、左サイドアタッカーの香川を90分フル出場させた。しかし、日本はシュートを計18本も放ちながら、決まったのは前半43分の内田のラッキーゴール1本だけ。08年6月以来、5年11カ月ぶりの代表2得点目がなければ、シュート計2本のキプロスとドロー決着もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る