「トップ下・本田」機能せず…ザック日本に“荒療治”急務の声

公開日: 更新日:

FIFAランク130位の弱小国相手に大苦戦

「地中海に浮かぶ小国キプロス(FIFAランク130位)は、欧州サッカー界のアウトサイダー中のアウトサイダー。これから先、いくら強化してもW杯に出場する可能性はゼロと言っていい。そんなキプロスに日本代表は《もろさ》しか見せられなかった。日本のプレーを見ながら『果たして日本にW杯に出場する資格はあるのか?』といぶかりつつ、ブラジルで『3連敗もある』と思わないではいられませんでした」

 こう話す平野史氏(サッカーライター)の指摘通り、日本代表は攻守に精彩を欠いた。

■機能しない「本田」

 トップ下の本田を中心に、柿谷と大久保を1トップで起用し、岡崎と清武を右サイドアタッカーとしてプレーさせ、左サイドアタッカーの香川を90分フル出場させた。しかし、日本はシュートを計18本も放ちながら、決まったのは前半43分の内田のラッキーゴール1本だけ。08年6月以来、5年11カ月ぶりの代表2得点目がなければ、シュート計2本のキプロスとドロー決着もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る